あっとべりー 効果

あっとべりーの効果はどう?ワキの黒ズミは本当に消える??

女性2359人に行ったアンケートで5冠を達成した驚きのコスメ

薬用アットベリーは「レーザー脱毛した後のワキの黒ズミに塗っていると目立たなくなった」「お手入れ簡単なのに、しっかり潤う」「コスパがいいので小鼻やワキだけでなくたっぷり全身に使える」などと口コミがすばらしいのが特徴です。その理由は、5種類の美容成分と6種類の保湿成分が入っているからです。小鼻やワキの黒ずみに塗ると、2週間から1ヶ月程度で目立ちにくくなったという方が多く、満足度が93.1%と高いのでリピーターも多いのが特徴です。
5kan.JPG

 

しかしこのアットベリー、本当に効果はあるのでしょうか?このサイトでは、公式サイトの他、TV,雑誌、ブログ、ツイッター、インスタグラム、@cosmeなどから、「薬用アットベリー」の効果を検証して記事にしています。薬用アットベリーを実際に使ってみた感想や口コミ等も紹介しています。薬用アットベリーを購入されるかどうか検討中の方は是非ご覧になってみてください。

 

薬用アットベリーのスゴさ その1 〜 成分がスゴい 〜

 

まず最初に注目して頂きたいのは、アットベリーに含まれている5種類の美白成分と6種類の保湿成分です。

 

5種類の美白成分

プラセンタ(胎盤エキス)

別名胎盤エキスとも呼ばれるプラセンタは「栄養の宝庫」です。
主な効果は、以下のものがあります。
・ホルモンバランスの調整
・細胞の働きを活性化させる
・活性酸素を除去する
・肝臓の働きを高める
・抗アレルギー作用
 
これらの作用で、黒ずみの原因であるメラニン色素を含んだ細胞を肌表面に残さずに排出し、徐々に本来の肌の色を取り戻すことが期待できます。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれますが、主な効果は以下の2つです。
・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
非常に強い抗炎症作用がある為、安全性を心配される方もおられますが、薬事法で配合量が規制されているため問題はありません。
お肌の炎症を抑えてくれたり、ニキビの炎症を抑える効果もあります。また、キメを整え、健康なお肌をキープしてくれる効果も期待できます。

 

天草フラボノイド

天草フラボノイドは別名甘草フラボノイドとも呼ばれています。甘草はカンゾウと言い、漢方では有名なものです。マメ科の植物の根であり、甘いので甘草と呼ばれます。これを数年置いて掘り下げ乾かしたものが生薬となります。鎮痛剤としての効果が期待できます。
フラボノイドは植物の色素成分の1種です。しかし、多くの健康効果があります。フラボノイドには抗酸化作用や抗菌・抗ウイルス作用などが報告されています。
天草フラボノイドはメラニン色素が作られる元となるチロシナーゼという酵素の活性を抑制する効果が期待できることから美白成分として知られています。

 

 

 

トウキエキス

トウキ

トウキエキスはセリ科の多年草「当帰」の根から抽出されるエキスであり、漢方生薬として知られています。ビタミンB12が含まれており、血行促進・保湿効果があります。またトウキエキスの含まれるフタリド誘導体のリグスチリドは美白成分としても知られています。

 

エイジツエキス

エイジツ

エイジツエキスはバラ科のイノバラの果実から抽出されるエキスであり、古くからニキビや吹き出物に効果があるとされています。また、フラボノイドによる美白効果・収れん作用があるので、美白系や引き締め系の化粧品に広く使われています。

 

6種類の保湿成分

保湿成分として有名なものにセラミドとヒアルロン酸があります。これら以外にも保湿成分はたくさんありますが、これらの成分について説明していきます。

セラミド

セラミドとは、細胞と細胞の間の細胞間脂質の約半分を占める成分であり、細胞間の水分を蓄えて保湿する役割をしています。また、大切な細胞をガードする役割もしています。セラミドは7種類あります。皮膚の一番外側、表皮の角質層に存在します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は名前こそ有名ですが、実際にどのような成分なのか答えられる人は少ないのではないでしょうか?もともとは目玉の中の硝子体の成分として発見され、ネバネバした粘性の高い成分です。人間は37兆2000億個の細胞からできていますが、ヒアルロン酸はこの細胞同士をくっつけ合い、バラバラにならないようにしている非常に重要な成分なのです。人間の体がバラバラにならないために必要な成分です。極めて高い水分保持力を持っている保湿成分といえます。

コラーゲン

コラーゲンも最近の美容ブームでコラーゲン鍋やコラーゲンドリンクなど非常に有名になりました。一方でコラーゲンを直接飲んだり食べたりしても意味はない、などという意見もあり都市伝説的な要素も持つイメージではないでしょうか?
コラーゲンはタンパク質の1種であり、特徴としては弾力性があることです。皮膚のハリや弾力性はコラーゲンが多い方が高いものになります。摂取したタンパク質は一般的には体に出アミノ酸やペプチドに分解されますが、消化や吸収が効率的に行われると、肌の水分量や弾力が増すという実験データも数多く発表されています。

エラスチン

エラスチンはお肌の真皮の中にあり、コラーゲン同士を結びつける役割をしています。エラスチンが増えるとコラーゲン同士が結びつき、お肌の弾力性やハリが出てくることが期待できます。エラスチンは800種類ものアミノ酸から形成されており、細胞の接着にも関わっていることが明らかになってきています。血管や靱帯などしなやかな動きをする部分におおく分布していることから非常に重要な成分であることが近年注目されています。

トレハロース

トレハロースは動植物の細胞内にもある天然の糖質で、甘味料として幅広く利用されているものです。その用途の広さから夢の糖質と呼ばれています。甘味度は砂糖の半分ほどなのですが、トレハロースは冷凍しても食品の味や食感を抑制させる効果があるので冷凍食品に喜んで使われています。保湿効果も高く、化粧品や石鹸等にも広く使われています。

アラントイン

アラントインはウシの羊膜の分泌液から発見された成分で、組織修復作用があるとされています。一時期かたつむりの化粧品が流行った時期がありましたが、かたつむりの粘液の中にもアラントインが含まれています。新しい細胞の増殖を促し、古い細胞と入れ替えるのを助ける作用がありますので、肌荒れなどに効果的です。メラニンなどしみの原因となるものがお肌に色素沈着する前に剥がれ落ちると色素沈着を防ぐ効果も期待できます。

 

5種類の植物成分

 

アロエエキス

アロエは昔から民間薬として有名です。アロエは食べたり塗ったり様々な使われ方をしていますが、火傷にアロエを塗った経験のある方も多いと思います。これはアロエが抗炎症作用を持っているからです。また、アロエには生合成を高める働きがあり、アロエを直接お肌に塗るとコラーゲン量が増え新陳代謝を促進しますので皮膚の老化防止に効果があります。

 

シャクヤクエキス

シャクヤクエキスはボタン科植物シャクヤクの根から抽出されたエキスで消炎効果や収れん効果があります。冷え性や月経不順などの婦人病に効果があります。また、メラニンの生成を抑えるガロタンニンを含んでいることから美白にも効果があると言われています。

人参エキス

人参エキスは漢方でも有名な高麗人参の根から抽出したエキスです。漢方でも最もポピュラーなものの一つであり、血行促進・滋養強壮・代謝改善などが有名な効能ですが、肌荒れやシワ・ニキビの予防にも効果があります。

クララエキス

クララエキスはマメ科植物のクララの根から抽出されるエキスのことで、別名クジンエキスとも呼ばれます。クジンは苦参とも書き、昔から解熱効果、利尿作用、などが得られると言われています。

ワレモコウエキス

ワレモコウエキスは中国最古の有用植物辞典「神農本草経」にも記載され、お肌を引き締める収れん作用があると言われ現在でも幅広く使われています。成分としてはタンニンやサポニンを含んでおり、低刺激性でありながら皮膚を保護しつつ引き締め効果のある成分です。自然派化粧品に多く使われており、非常に優れた化粧品素材といえるでしょう。

 

2種類の消臭成分

 

桑エキス

桑エキスは日本の山野に自生している桑科クワの根を乾燥させて抽出したエキスです。別名木酢液とも呼ばれ、その主成分は酢などに含まれる酢酸です。主に殺菌、防虫、消臭効果が期待できます。

 

天然ビタミンE

天然ビタミンEは加齢臭の対策としても使われるもので、加齢臭の原因となる脂肪酸の酸化を防ぎ老化を防止します。さらに自律神経に働きかけることで血行を促進したり皮膚の隅々まで酸素をいきわたらせる働きを持っているので、
別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。 

7つのフリーでお肌に優しい

 

アットベリーは敏感肌・乾燥肌でも使える低刺激商品です。

 

着色料・シリコン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・アルコール・パラベン は使用していないんです。

 

7free.JPG

 

 

 

薬用アットベリーのスゴさ その2 〜 全身に使える 〜

 

美容成分97.8%配合でアンチエイジング用の化粧品としては60gと大容量入っているので、ワキや小鼻だけでなく、全身に使ってもいいですね。口コミでも、全身に使えることに触れている方も多かったです。

 

FUSION様 埼玉県
職場の若い子と比べると、私の肘ってなんて汚いのだろう・・・と感じ、年齢を痛感してました(笑)。肘くらいは何かケアをしたらキレイになるんじゃないかと考え、探して見つけたのがアットベリー。全身に使えると書いてありましたが、とりあえずお試し気分で肘に使い始めました。結果、1ヶ月ほどでキレイな肘に。顔にも使えるらしいので、くすみケアとして使ってみます!

 

奈々子様 宮城県
アットベリー、私はもう手放せません。なんというか、万能クリームって感じかな。体全体が乾燥肌で、1年中カサカサしていたのが解消しましたし、ひじやひざもいいと思います。。最近では顔のスキンケアもアットベリーに変えたので、本当に文字通り全身のお手入れに使っています。洗面所にもアットベリーだけ。ちょっと殺風景ですが(笑)。旅行や出張の時にも、アットベリーだけ持っていけばいいので、すごく便利ですよ。

 

留美様 埼玉県
肌がとっても潤うクリームだと思います。それに、伸びてくれてすぐに浸透するので、塗っていて気持ちいいです。私は全身に使っていますが、特に効果を実感しているのが足。若い頃からガサガサして男の人みたいな足で恥ずかしかったのですが、アットベリーを塗るようになったら、乾燥がおさまってしっとりとスベスベの足になりました。脱毛した時も、このクリームを塗っておくと、毛穴が気にならなくなるので重宝しています。

 

薬用アットベリーのスゴさ その3 〜 リピ率が脅威の91.5% 〜

manzoku.JPG
アットベリーの口コミの良さは有名ですが、リピート率は91.5%もあるんです。満足度が93.1%と高いこともありますが、満足された方ほとんどがリピートしていることになります。高価なものを使って満足度が高いのは当たり前です。でも値段が高いとなかなか続けられないもの。その点アットベリーは続けていける価格帯なのもこのリピート率につながっているんですね。

 

SACHIKO様 鹿児島県
黒ずみのボディ用化粧品って珍しいです。私は初めて見つけましたね。そういえばワキが黒ずんでいるなあと思い至り、半年ほど前から使っています。使い始めて1ヶ月くらいで、ワキの肌色のトーンが明るく変わってきて、スゴイ!と思いました。体の他の部分にも効き目がありそうなので、ひじや膝にも使ってみます。とりあえず今は2つ目をリピート中です。

 

井上様 東京県
アットベリー1個を使い切って、背中のニキビは気にならなくなりました!半信半疑で使い始めたのですが、2〜3回目で既にニキビの炎症が治まってきた実感があり、途中からは新しいニキビが気にならなくなりました。よくあるニキビ用のローション等と違って、塗った後に肌がカサカサしないのも良いですね。ニキビは気にならなくなったけれど予防の意味も含めて、これからもリピートするつもりです。

 

SARA様 埼玉県
ワキの黒ずみクリームって、初めて知りました。たしかに少し黒ずんでますよね、ワキ。ということで、効き目があるのかどうか興味深々で、アットベリーを使ってみることに。柔らかいジェル状のクリームで、すぐに肌に浸透していく感じ。心地良いテクスチャーです。効果はというと、3ヶ月位で気にならなくなり、毛穴も閉じた気がしますね。引き締め効果もあるんでしょうか。気に入ったのでリピートします。

 

薬用アットベリーのスゴさ その4 〜 180日の全額返金保証 〜

180nichi.JPG
また、いきなり定期購入は不安だ、という方でも購入しやすいように、180日全額返金保証がついています。180日間、つまり半年間使っても全額返金保証されるというのは普通では異例です。

 

他の製品でも返金保証がついている商品もあります。しかし、お肌に何かトラブルがあった時、などと条件を着けている事も多いです。その点アットベリーは、返金の基準が「満足度」というところも注目していただきたいポイントです。満足いかなかったから返金して、が可能だということです。これは、無条件と同じです。

 

 

まとめ

 

media.JPG

アットベリーはブログや雑誌など、多くのメディアでも取り上げられています。

 

 

スキンケア大学でも「ワキのケア商品」として紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

musee.jpg

 

また、CMでおなじみの脱毛サロン「ミュゼ・プラチナム」でも取り扱われています。脱毛すると黒ずみが目立ちますから脱毛サロンも注目しています。
musee1.JPG

 

 

ケア方法は簡単です。気になる箇所に1日2回塗るだけ。多くの方は2週間程度で黒ずみが薄くなった、毛穴が目立たなくなった、と実感されています。初回は4800円の送料無料です。定期コースを選べば2回目以降も毎月20%OFFで購入できます。

 

koushiki

 

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ